Page: 3/26  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
欧米とわが国の公共空間の色彩に違いを感じている
Tsukijishijo 17 Dec 2011
欧米とわが国の公共空間の色彩に違いを感じている人も多いと思う。特に鉄道で旅をすると車内の色彩の違いの大きさに驚く。一言でいうと明暗をつけた立体的な空間の欧米に対し、ふわっとした弱い光に包みこまれたような空間の日本。車内の化粧合板や樹脂などの表面は白でもなく、ベージュでもなく、薄らぼんやりとした、細かい霜降りの地紋をともなった、ごく淡い色。これは畳と障子の色空間を模しているらしいと最近気づいた。たしかにそれは日本人にとって最も寛げる空間ということに異論はない。ただ木でも草でも紙でもない石油製品のそれらにその引用は果たして適正なのかと疑い、嘆かわしいと思ってもいた。しかしそのような無理やりの飛躍が、古より日本文化形成の大きな原動力となったことも事実だ。違いはその積極性とパワーの量、残念ながら現代にはそこが足りない。
| Toru Tachizawa | 12:21 | - | - | pookmark |
日本の伝統色を最もよく使っているのは作業服だ
4 Dec 2011
日本の伝統色を最もよく使っているのは作業服だ。うそだと思うならGoogleで『作業服』を画像検索してみるといい。そこには日本の伝統色和色大辞典にある色の服がひしめいているから。藤鼠、半色(はしたいろ)、薄藤、青藤、藤紫、紫苑など藤色系と瑠璃、藍、紺系は消防や警官、警備関係の制服と作業服に、薄萌葱、千草、青磁などの淡い緑色は清掃作業等の作業服に多く使用され、婦人用には紅藤や浅紫が加わる。一般事務、技術者の制服や工事関係の作業着にはベージュ系の白橡(しろつるばみ)や榛色(はしばみいろ)、グレー系の銀鼠や湊鼠、青白橡などが加わる。藍や紺系などを除くそれらの色は、はっきりしない色と言えるだろう。原色から遠く離れ、微妙な色味を帯びた淡い色を言葉で説明するのは困難。
また日本古来の伝統的な色名を近年ほとんど使わなくなったので、うすらボケた色、鈍い色と敬遠してしまうのだと思う。しかしこうして制服や作業服の世界では、日本の伝統色が無意識のうちに多く使用されている実態があるのは面白い。たぶん日本人が不快と思わない、目立たない色として消去法で選ばれた色なのだと思う。そこも日本的!
そんな和の色を果敢に使っているのがH.I.DZERO FIGHTERというスノーボードウエア。
虚飾を一切排したデザインが印象的だ。ただ柔らかなうえピーチ加工が施されている生地がシリアスな印象を与えない。そこが欧米のアウトドアメーカーのそれと雰囲気が違う所以。ぼくがディレクションをしていたinhabitantでもツルパリの生地は使わないし、至極シンプルにすることは一度なら可能だったかもしれない、しかし和の色を使うことは選択肢として、まずなかったと思う。あれだけ日本のアイコンを引用してきたinhabitantでさえも。
アウトドアメーカーのスノーウエアは上下を別の色で組合わせるのが一般的だ。オレンジのジャケットに黒のパンツとか。黒の上下というのもあるのだが総じて配色にすることが多いと思う。ゆえに上下同色、赤×赤とかグレー×グレーとかにすると目立つ。初心者か上級者にあるパターンでもある。それをZERO FIGHTERで行うと藤色、紫苑、萌葱、薄緑の上下などが出来てしまう。それは日本の目立たない色の作業服にかなり近い。そう清掃とか警備とか工事関係者の。あるいは雪山視察の役人とか、林野庁上川中部森林管理署みたいな。そこに白ヘルでもかぶったらかなりヤバイのではないだろうか。想像しただけでもラジカルこの上ないスノーボードウエアになるような気がして楽しい。だが実際は高いチンガードをはじめとするディテール等が、スノーシューを付けたコーデュラのバックパックを背負った姿が、作業服には見せないだろう。むしろかなり戦闘的な雰囲気になるのではないかと想像する。
ピュアに作られているZERO FIGHTERは、ぼくのへんな揶揄など想定もしていないだろう。その多くが森羅万象からついた日本の伝統色。その色をまとい自然の懐で遊ばせてもらう。真面目でロマンティック、そして雅なところもある。コマーシャリズムとはかけ離れた好感の持てるプロダクト。ただだからこそ突っ込みたくなる衝動を抑えきれない。とりあえず、
Bonzaipaintで作ったワッペンでカスタムしてみた。
※2009-2010シーズンを最後にinhabitantとスノーボードウエアの契約はしていません。
| Toru Tachizawa | 23:52 | - | - | pookmark |
翡色と呼ばれる高麗青磁は花曇りの空の色
Okamoto 2 Dec 2011
翡色と呼ばれる高麗青磁は花曇りの空の色。ところどころ現れる釉だまりに青磁の色が感じられるが、全体的にはうすい灰色をしている。でもそこが奥ゆかしくて美しい。
写真の白磁も青磁の翠(みどり)とは違うが、青味を帯びた灰白色の肌がこちらを吸い込むような透明感を持っている。10ヶ月になる娘の白目がそのような色をしていると思った。
※古くは青、緑のほか蒼白や灰色も含めて青と言った。(大辞林)
| Toru Tachizawa | 01:15 | - | - | pookmark |
ロゼットとは八重咲きのバラの花びらのような形をいうのだそうだ
WHYTROPHY Battlers' Choice Rosette 28 Nov 2011
ロゼットとは八重咲きのバラの花びらのような形をいうのだそうだ。放射状に配列した葉のタンポポ、エキノドルスという水草もロゼット型だ。華やかで楽しく、かわいらしい印象も与える。だからロゼットのリボンからは祝福の嬉しい気持ちが伝わってくるのだろう。
そんなロゼット型のリボンバッジが似合うのは、ロッド・スチュワートのような気がする。けど実際に彼のアルバムを探してみると、SCOTLANDと書かれたロゼットをシャツにつけている写真がわずかに見つかっただけ。単なるぼくの思い込みだけだったようだ。
受賞とか、栄誉なことはパロディにしやすい対象だ。WHYTROPHYの美しいロゼットを見ているとなおさらいたずら心が湧いてくる。ターゲットは米バックパッカー誌のエディターズチョイス。バンザイペイントはそれをバトラーズチョイスとした。Battlerとは生活に窮している人、路上生活者という意味だ。アメリカのバックパッカーはビニールに入れたドライフーズを食べ、路上生活者はラップされた高カロリーなフードを求める。バックパッカーと路上生活者のチョイスは全く正反対のものだ。
WHYTROPHYの高澤さんは快く製作を引き受けてくれたばかりか、肝心なリボンをナイロンのウェビングテープにするというアイディアまで出してもらい完成度が高くなった。
Rod Stewart / Foot Loose & Fancy Free 1977 Riva Records RVLP 5
| Toru Tachizawa | 18:44 | - | - | pookmark |
鎌倉のLONG TRACK FOODSさんは一の鳥居をはさんで寅堂の近所にあった
Kamakura 26 Nov 2011
鎌倉のLONG TRACK FOODSさんは一の鳥居をはさんで寅堂の近所にあった。地理、地図、番地、ないづくしのかみさんは以前から知っていたらしいが遠いと思っていたらしいのだ。
こんなに美味しいピーナッツクッキーがあるのに!
| Toru Tachizawa | 18:29 | - | - | pookmark |
山方面はのろのろ、海方面はすいすい
Akiya 26 Nov 2011
山方面はのろのろ、海方面はすいすい。あっという間に三浦半島の長井漁港についた。そこから佐島をとおって秋谷海岸に。港の防波堤やテトラポットには釣り人たちがいるが、海岸には誰もいなくてとても静かだった。しかしどうみても息子にしか見えん!?
Akiya 26 Nov 2011
風が冷たいくらいのほうが美味しく出来そうだよね!
| Toru Tachizawa | 23:04 | - | - | pookmark |
『世界の絣』文化学園服装博物館 ちょっとマンハッタンな感じの写り込みじゃない!
Youogi 25 Nov 2011
『世界の絣』文化学園服装博物館 ちょっとマンハッタンな感じの写り込みじゃない!
| Toru Tachizawa | 22:56 | - | - | pookmark |
親友は昭和な駒込の一軒家に住んでいて
Honkomagome 19 Nov 2011
親友は昭和な駒込の一軒家に住んでいて、ぼくはたいそう羨ましく思っている。向田邦子の小説に出てくるような家と思ってもらえるといい。正確には昭和よりも前の時代の家ということになるのかもしれない。前の主が棟梁だったことから面白い細工が施され、回り廊下の無駄な空間がこの家を旅館のようにくつろげるものにしている。また現在の主であるKの嗜好や収集物、調度品が変化と安定を与え、家を生き生きとした空間にしている。
のっぺりと四角いコンクリートの箱で暮らしていると、やはりどこかに味気なさを感じる。
節やへこみ、傷にも面白さや美を発見した日本人の数寄の感覚は失われていくのだろうか。
| Toru Tachizawa | 11:22 | - | - | pookmark |
彼のiPodでPEAK MOMENTSを見せていただく機会があった
starlightz 17 Nov 2011
彼のiPodでPEAK MOMENTSを見せていただく機会があった。そこには神々しい地表の姿と挑戦者たちを写した作品が、意外なほど静かで理性的におさめられていた。インデックスのページは世界地図を用いて視覚的に撮影場所がわかるような試みがされている。そのようなこともあって、極限に挑むスキーヤーやスノーボーダーを写した写真が、人工衛星から記録されたかのような感覚を受けた。その視線に不気味さと凄みを感じる。
そんなヤーマンこと山田博行氏のもうひとつの明かりはとてもやさしい。夜も良いが肌寒く曇天の暗い昼をとても和んだ気持ちにしてくれる。彼が輸入するスターライツには着せ替えという楽しみ方があると言う。そして電子出版には更新という方法があるとも言っていた。
| Toru Tachizawa | 16:13 | - | - | pookmark |
御殿場からの帰路の道で山中湖の紅葉が車の窓から奇麗に見えた
Yamanakako 13 Nov 2011
御殿場からの帰路の道で山中湖の紅葉が車の窓から奇麗に見えた。夕刻の光が葉をいっそう紅く染めていた。道志で水を汲みたかったので生憎道草が出来なかった。後ろ髪を惹かれる想いが消えず、翌週の天気が良いことを知ると気分は湖畔の紅葉の中にいた。四時起きして相模湖から快晴の道志道にでると、先週はなかった富士の頂きに純白に輝やく雪が少しだけ積もっていた。七時前の旭日丘湖畔緑地公園は人も車もまばらだった。朝食をすませあまりにも天気が良いので遊覧船に乗ることにした。湖上からの富士山は裾野を広げ、まるで絵に書いたような雄大な姿でフレームに入ってくれた。少しばかりすると冠雪の頂きは雲の中に隠してしまった。早起きは三文の徳だったのだろうか。湖畔に戻って散策するが標高の高い山中湖の紅葉は盛りを過ぎていた。そして今年の木々には、赤や黄に染まらず枯れたような葉が多く見られた。
| Toru Tachizawa | 14:52 | - | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode