スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
パリ国立オペラ
Dogenzaka Jul 2008
Dogenzaka Jul 2008
関西テレビ開局50周年記念、パリ国立オペラ初来日公演のチケットを頂いた。とてもありがたいこと、生きてて良かった。神戸を皮切りに東京公演も『あなたを揺さぶる4つの愛』のテーマのもと3つのプログラムが上演された。Aプロは『トリスタンとイゾルデ』、Bプロは『消えた男の日記』と『青ひげ公の城』、Cプロはデュカスの『アリアーヌと青ひげ』。
4つの愛、そしてその演目、そのまんまなようだがそこが今風なのだろうか?今回BかCプロが観たいところであるが頂いたチケットはBプロだった。ヤナーチェクとバルトークの二本立てで男女の関係の対比で組まれたようだ。
パリ国立オペラの総監督はジェラール・モルティエ、この人はザルツブルク音楽祭の総監督であったし、何かと今風を打ち出してきた人のようだ。先のザルツブルク音楽祭日本公演『フィガロの結婚』と共通したにおいがする。温度が低く、発泡水のような感じといったら良いだろうか。本当にかの地でうけているのかは分からない感じがする。なんか80年代初期の流行りの焼き直しのようだし。まあ先入観はあまり持たない方が良いけど。ヤナーチェクの『消えた男の日記』は初のオペラ化だそうで、はじめて目にするものだったが良かった。演劇、パントマイムやダンスの良い部分を取り入れた演出は斬新さはないが、平明で充実した感じがあった。まあ西洋的である。能などからヒントを得ると幽玄な『消えた男の日記』が出来るのかと思う。『青ひげ公の城』は多重のスクリーン使って映像を投影したりとビジュアルに凝ったようだがその中身は平凡な出来だったと感じた。スペインの演劇集団ラ・フラ・デルス・バウスは両作品の違いから演出に対比をつけようとしたばかりに、両作品の違いの本質からかえって遠ざかったしまったようだ。『トリスタン』はピーター・セラーズ演出で、ビル・ビィオラというビデオアーティストを起用しているので、映像という点では見比べてみたいところだが、強い映像にオペラ自体が振り回されるのはどうなのかと思う。今回の本命はやはりデュカスの『アリアーヌと青ひげ』だったのか。なんて罰当たりな!
SUPPORTED BY JUGEM Desktop
| Toru Tachizawa | 18:30 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:30 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode