スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
午前中は快晴で午後から曇りがちになりじっとり暑い
Marugame 28 Aug 2011
午前中は快晴で午後から曇りがちになりじっとり暑い。そんなパターンは台風が沖合で停滞しているからか。さて今日の一杯目は、丸亀市うちわの港ミュージアム近く『喰うかい』の牛スジうどん。ふざけてるでしょ、この大師生誕の讃岐の地で!
Naoshima 28 Aug 2011
うちわミュージアムを覗いて丸亀から予讃線に揺られ、高松からはフェリーに乗り換え直島に来た。午後になっても雲一つない青空と瀬戸内海というのだけで気分はアガル。
ベネッセアートなんて胡散臭いが、こうして浮かれた気分になれる直島という瀬戸内に浮かぶ島を訪れるきっかけ作りにはちゃんとなっている。あとはこちら次第だと言うことだろうか。1991年にクリストが茨城県常陸太田市にたてた笠によって、それまで何の変哲もないようにしか感じられなかった里山が、なんともいえず美しく、愛おしい光景に変わったようにスイッチが入るかどうか。
Naoshima 28 Aug 2011
暑いし思いのほかアップダウンもキツいのでマウンテンバイクより原チャリのレンタルが良いのでは、と昨日山田さんからアドバイスをいただいたが、ぼくはあえて島に合うこの青い自転車を選んだ。
Naoshima 28 Aug 2011
フェリーが着いた宮浦港から家プロジェクトのある本村地区までの間は山田さんの言うように平坦で島チャリでもなんていうこともなかった。ただそこから杉本博司の護王神社崇徳天皇神社へ行く道は急な坂となりけっこうしんどかった。
Naoshima 28 Aug 2011
崇徳天皇神社の傍らに西行の像。
Naoshima 28 Aug 2011
ベネッセハウス宿泊者以外の車両(自転車を含む)の乗り入れ禁止のため、つつじ荘というところから山越え。島自転車を押して登ること15分。登りきったところでの瀬戸内に三角でとても目立っている大槌島が見える。
Naoshima 28 Aug 2011
時間がないので地中美術館はパスして島自転車で爽快なダウンヒルを楽しむ。対向車なし!
Naoshima 28 Aug 2011
直島を半周して宮浦に戻る。宮浦の自転車もすれ違えないほどの路地と家並みがしみじみと美しい。ぼくは直島で一番ここが気に入った。猫の家族とも出会って、志おやという旅館を発見。今度来たらここに泊まろうと思った。大竹伸朗の直島銭湯I♥湯」に。
Naoshima 28 Aug 2011
なんともドラマチックな光景。
Marugame 28 Aug 2011
高松で食べて帰ろうかとも思ったが、丸亀の宿の前の古民家居酒屋が気になったいたのと、遅くなってもやっているということで行ってみた。カラシヤクラシックといってネットではラーメン店で紹介されているが、居酒屋カフェみたいな営業スタイルかと。小民家風というより山小屋風の内装も可愛い。カウンターで、とりあえず目の前にいた地元香川綾菊酒造の梅酒が目にとまりロックで注文。これがとても美味しく、やはり戻ってきて良かった、丸亀最後の夜は当たったと内心喜んだ。
| Toru Tachizawa | 23:21 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:21 | - | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode