スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
『ゴダールのマリア』という映画が
Mother to be Feb 2011
『ゴダールのマリア』という映画がなんでか好きだった。ゴダールをもってしても受胎告知というテーマは神々しいものだったのかもしれない。ミリアム・ルーセルがとても美しい。
男性にとって妊娠というのは完全には理解不能だと思う。大きなお腹を見て「自分の子供がこのなかにいるんだ」と頭では思えても、身体で感じる事はなかなか難しいのではないか。逆に女性は処女であっても妊娠を受け入れるのであろう。誰もがマリアのようになるのかもしれない。
| Toru Tachizawa | 20:10 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:10 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode