スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
神奈川県立音楽堂
Resonances Jan 2011
神奈川県立音楽堂は横浜の紅葉ヶ丘という高台に建つ。神奈川県立青少年センターの一角にある図書館に併設された施設で、能楽堂に掃部山公園と文化的で、周囲の環境も良いことが望まれる。しかしランドマークタワーの方から紅葉坂を登ってくると建築ラッシュで情緒も何もない。おまけに向いの伊勢山ヒルズという結婚式場のけばけばしい建物には空いた口も塞がらない。日本モダニズム建築の祖、前川國男氏も草葉の陰でさぞ嘆いている事だろう。どうも横浜市は環境に対しての意識が低いように思える。
公共建築百選の神奈川県立音楽堂は座席数千名程度の中ホール。紀尾井ホール、東京オペラシティコンサートホールとすみだトリニティホールの一階部の座席数と同じようだ。しかし1954年開館というからそれら現代のものとはまるで違うだろうことが予想される。音楽堂は直線的で寡黙、そっけない意匠。だが考えればこれでいいんじゃないかというような見本。大きなガラスが多く閉塞感がないところも良く、所々に配されたベンチも気が利いている。そしてホワイエの両端からそれぞれホールへ導く階段の空間は動きがあり面白いと思った。
全31列中の24列中央の席に座るとピアニストのグリモーの身長は手のひらサイズとなるが、遥か彼方という感じもしなかった。5列目から傾斜がかなりつき後方からだとかなり見下ろすようになるのも特長のひとつかもしれない。残響1.4秒は今日では短めだし、クロークがないので冬服による音の吸収もより残響に影響があると思う。座席はかなり狭めで席も列ごとに半分ずれたりするような器用なことはないが、座面自体は悪くなかった。
今回グリモーは新譜と同じ演目、曲順で挑むのでかなり楽しみだ。モーツァルトの第8番こそやや音が遠い感じがしたが、ベルクの作品1番からはまったく足りないとは思わなかった。デッド気味ではあるのだろうがその分、定位とトランジェント、ダイナミックレンジが素晴らしく良く、グリモーのパフォーマンスにも合っていると感じた。とても熱い演奏で彼女の多くのCDは個性的なものばかりだが、ライブはさらに上をゆくよう感じた。
| Toru Tachizawa | 20:21 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:21 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode