Page: 2/2  << 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
FOR STOCKISTS EXHIBITION
Ikebukuro Sep 2009Ikebukuro Sep 2009
9日から11日まで西池袋にある自由学園の明日館で開催されたFOR STOCKISTSに参加した。
TRANSIENT EXISTENCEの第一回展示会直前ということで宣伝を兼ねてのプレゼンでした。
三日間で2000人以上の来場者を集めるFOR STOCKISTSはただただ凄いなと。
写真は同展に初回から参加を続けているゲルチョップのオブジェ。芝の上でとくに美しい。
| Toru Tachizawa | 16:42 | - | - | pookmark |
#995 "UNSUITABILITY" Cooker Set
#995 "UNSUITABILITY" Cooker Set 500ml
#995 "UNSUITABILITY" Cooker Set 500ml
#995 "UNSUITABILITY" Cooker Set 500ml
#995 "UNSUITABILITY" Cooker Set 500ml
TRANSIENT EXISTENCEとは一時的存在という意味になります。1994年にBonzaipaint、1999年にinhabitantを立ち上げましたが、やっとそれらに変わる頂を見つけ来春より登攀を開始します。ただそれは天空を貫く白銀の名峰というより深山幽谷、霧のなかの峠といったぼうっとした処です。道迷いし、右往左往しながら道を見つける遠回りの旅だと思います。
TRANSIENT EXISTENCEでは里と野良に注目しています。また本来内と外とはシームレスに続いていて、縁側のような中間的空間を私たちは古より好んできたような気がするのです。比べて現代はインドアとアウトドアというそれぞれの言葉できちりと分けられているような気がして寂しいのです。
TRANSIENT EXISTENCEはのら者になることも大切だと考えています。一時的に情報化社会を怠けることは、森羅万象からの情報を得やすくすることだと思います。
古より日本人は永遠でないこと、幽さを愛でてきました。逆に目的を追い続け日々上昇していくような営みは、雅ではないと嫌われてきたのです。TRANSIENT EXISTENCEではそんなメンタリティから生じた日本の美へのサンプリングを行います。
さて写真は5作目にあたる#995 "UNSUITABILITY" It is not for backpacking.という商品。
ONE KLINの城戸氏と企画し、彼の窯で焼かれた磁器のクッカーセット。500mlのマグ、1000mlのボウル、1300mlのクッカーで構成され、それぞれが小袋に入り入れ子状で販売。アウトドアー用の食器としてアルミやチタンで出来ているものをあえて磁器で作り、本来の意味をズラしたモノですが、城戸氏による形状や質感がとても高く大変満足しています。
縁側のほか、バルコニーや屋上でお使い頂きたい。問 TOKYO CULTUART by BEAMS
| Toru Tachizawa | 17:14 | - | - | pookmark |
The White Book
The White Book Jan 2009The White Book Jan 2009
これから作るという時が一番楽しい。だから作り終えたものにたいして興味がない。しかしそれだけではいけないようだ。ビームスの永井さんから作品集のお話をいただいた時、興味を掻き立てられたのはモノクロでという制約だった。Tシャツなどのグラフィックでは、色やインク自体がとても重要な要素となる。それをモノクロで再表現出来るだろうか?普通ならそう思うだろう。ただぼくの場合は色をあまり意識しないでグラフィックを作る事が圧倒的に多い。制約というよりむしろ、この作品集にある姿がオリジナルに近い像だとも言える。企画が進むうちにモノクロ本という制約は変更されたのだが、ぼくはそのままとした。
そして画竜点睛を欠く事なく本と成り得たのは、グルーヴィジョンズの伊藤さんに書いてもらった文章のおかげだ。解説文は時系列に並べた作品に十年という時の流れを加え、色々な事柄はみごとに交通整理された。
末筆ですがお世話になった皆様に感謝いたします。
立沢トオル作品集はTOKYO CULTUART by BEAMSにて販売しています。
| Toru Tachizawa | 23:30 | - | - | pookmark |
TOKYO CULTUART
Jingumae Dec 2007
Jingumae Dec 2007
ビームスから新しいショップがオープンする。TOKYO CULTUART by BEAMSはBEAMS Tを誕生させた永井さんの新しい試み。場所はヌア原宿の3階、ビームス本丸の屋根裏部屋だ。レセプションパーティは大勢の人で店内を移動するのも一苦労。オシャレな人より怪しい人が多いのは、非ファッションを扱うコンセプトを反映しているせい。もともと衣料品の輸入で始まったビームスが30年を経て、衣料とも雑貨ともつかないようなMade in Nipponを海外へ発信することも時代を考えればアリなのだと思う。他にはないユニークなお店だ。
| Toru Tachizawa | 01:40 | - | - | pookmark |
Cooper Black

1921年オズワルド・ブルース・クーパーは自身の書体であるクーパー・オールド・スタイルをもとにクーパー・ブラックを発表した。20世紀に入って発表された三番目の書体にあたるそうだ。今日、世界中の看板などで最も良く使われている書体のひとつ。他に変わるものがない古典的傑作でもある。特太のローマン・スタイルはとても親しみやすさを与える。
昨年は同世代の玉井太朗氏をテーマに、このフォーマットに則ったデザイナー・シリーズでスウェット・シャツを作った。今年は従来通り故人であるデザイナーへのオマージュに戻ることにした。2001年のブロックマンから数えて今回で七作目となった。

| Toru Tachizawa | 15:04 | - | - | pookmark |
柏木


た れ も 千 歳 の 松 な ら ぬ 世 は つ ひ に と ま る べ き に も あ ら ぬ を...

ゆ く へ な き 空 の 煙 と な り ぬ と も 思 ふ あ た り を 立 ち は 離 れ じ
| Toru Tachizawa | 19:32 | - | - | pookmark |
自由
| Toru Tachizawa | 22:45 | - | - | pookmark |
ELEPHANTS & COOPER BLACK


今年も折り返し点を過ぎようとしている。私事だが一年をとおしてTシャツの仕事をしているから季節感というものがない。ただ何となく毎年6月頃に制作するグラフィックが自分のなかでは最後という気分がする。Tシャツにおける年の瀬はちょうど半年ずれた今月だとぼくは思っている。総決算というわけではないが昨年夏からの『好み』や『まとめ』みたいなものがなんとなくでる。わかりやすくシンプル、楽天的でクラシカルな印象のものに傾倒していたように思う。そしてその最後としてこのスヌーピーTシャツのフォーマットのパロディを作った。今年はスヌーピー日本デビュー40周年だそうで、PEANUTSとELEPHANTSとで韻を踏み、チャーリー・ブラウンとクーパー・ブラックとで色合わせをしてみた。
クーパー・ブラックとは、オズワルド・ブルース・クーパーの作った書体の名前で、なぜかスヌーピーのTシャツで良く使われている。アメリカを代表する書体のひとつで味がある。
| Toru Tachizawa | 22:01 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode