Page: 2/5  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
紀州沖の乙なる「海景」をiPhoneで
25 Aug 2011
紀州沖の乙なる「海景」をiPhoneでキャプチャー。ここはオーシャントランスの東京有明〜徳島〜新門司港を結ぶフェリー『おーしゃんうえすと』の船内の大浴槽。
| Toru Tachizawa | 23:23 | - | - | pookmark |
おいしい市場で150円で売っていた野の花
Grasses May 2011Grasses May 2011
おいしい市場で150円で売っていた野の花を数日楽しんだ。東京も梅雨入りで涼しく、朝夕水を替えてあげれば小さな莟が次から次へとひらいていった。須玉ICの近くにあるおいしい市場は野草狩りの後、山田さんに教えてもらったクオリティの高い農林水産物直売でした。
帰ってから色々と調べていたら近くに『おいしい学校』という面白そうな施設も発見して。
| Toru Tachizawa | 21:40 | - | - | pookmark |
小さな天橋立のように見えるが
Numazu Jan 2011
小さな天橋立のように見えるが大瀬崎は、もともと琵琶島として誕生しその後、岬になったそうだ。なので天橋立や三保の松原などの砂嘴とは成り立ちが違うようだ。しかし1キロの半島は十分存在感がある。岬や州浜になった風景というのはとても日本らしいものだ。
| Toru Tachizawa | 20:56 | - | - | pookmark |
旧沼津御用邸を見学してきました
Numazu Imperial Villa Park Jan 2011
旧沼津御用邸を見学してきました。沼津御用邸は駿河湾に面して建ち愛鷹山越しに富士山を望む素晴らしい景勝地にあります。沼津の人には自然なのでしょうが、山脈越しに富士山の頭がすっと、しかも距離感がなく表れるというのはなかなかのものです。葉山とはまたひと味違った大胆な感じの土地ですね。御用邸見学は東棟にある調理室や主膳室、食堂などから西棟の御座所にまわります。一貫して別荘らしくこざっぱりとした感じで、成金の別荘とはまったく違います。豪勢なふりをしたところはどこにもありません。特に東棟のお部屋は簡素、質素、慎ましい佇まいで大変素晴らしかったです。写真の調理場はバウハウスのような雰囲気のする空間で、北外光に天窓という要を心得た空間になっていました。秋山徳蔵氏の現場ですね。仕事が忍ばれるような調理室でした。食堂近くに主膳室という窓のない部屋があるのですが、そこにもちゃんと天窓がありましたね。すごいと思いました。
Numazu Imperial Villa Park Jan 2011
謁見の間の前室、御食堂です。とても明るくて健やかな感じが皇室の別荘として良いです。
Numazu Imperial Villa Park Jan 2011
手ふきのガラスが風景を歪ませています。ここのガラスはレプリカでドイツ製だそうです。
Numazu Imperial Villa Park Jan 2011
御玉突所、プレイルームです。クールですね〜。建物の一番奥にあります。
Numazu Imperial Villa Park Jan 2011
手前が食堂と謁見の間、奥が西棟の御座所、居間や寝所などがあるプライベートな空間。
今度は日光田母沢御用邸も訪ねたいですね。
| Toru Tachizawa | 14:46 | - | - | pookmark |
朋あり遠方より来たりて幕営す、亦楽しからずや。
Doshi Nov 2010
朋あり遠方より来たりて幕営す、亦楽しからずや。

Doshi Nov 2010
何をするでもないのだけど、焚き火をして、食べて、飲んで、話をして、テントのなかのシェラフに滑り込むというのは楽しい。

Doshi Nov 2010
神宮前のショップtempra garageが主催するキャンプの誘いを受けたのは11月に入った頃。決行は11月末だというので、凄く寒いかなと思ったけど今宵は風もなく、底冷えするということもない。総勢50名くらいのキャンパーが自由にそれぞれで楽しむといった趣向。大きな広場があるメインサイトには中央にキャンプファイヤー、巨大なストーブ付きのシェルターが数張、大小のテントがその周囲を取り囲み、さながらアウトドアショーのような雰囲気。それにくらべ川沿いのぼくらのサイトはとても詫びた感じか。亦楽しからずや。
| Toru Tachizawa | 10:15 | - | - | pookmark |
なにごとの おはしますかは 知らねども
Doshi Nov 2010
なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる 西行
| Toru Tachizawa | 22:04 | - | - | pookmark |
十月末の上高地を訪ねてみたくなった。
Kamikochi Oct 2010
十月末の上高地を訪ねてみたくなった。閉山にはまだ半月を残すが、すこぶる寒さに大正池近くを歩く人は誰もが早足だった。なにしろ3℃しかないのだから。小雨に霧も濃くて。

Kamikochi Oct 2010
このような時は何よりも火が有難い。上高地帝国ホテルの大きな暖炉に薪がくべられる。

Kamikochi Oct 2010
ホテルの図書室には装丁の美しい山岳関係の古書が並ぶ。菅原さんの写真集『神河地』も。

Kamikochi Oct 2010
翌日は曇りのち晴れ。朝食後にはお天道様が顔を出してくれた。紅葉には晴れが良いよう。

Kamikochi Oct 2010
明神池までのんびり行った。穂高神社奥宮で安産祈願をするとさっと雲も流れて、神河地。

Kamikochi Oct 2010
タイミング良く嘉門次小屋の囲炉裏にあがれてイワナにありつく。蕎麦もうまかった。

Kamikochi Oct 2010
この道や 行く人様々 秋の暮

Kamikochi Oct 2010
合羽橋からのおきまりのショット。いや、上高地けっこう良いかも。いままで失礼。
| Toru Tachizawa | 10:30 | - | - | pookmark |
廃校の宿と木の根沢
Minakami Jul 2010
Minakami Jul 2010
法事で群馬県利根郡みなかみ町に行くことになった。トンボ帰りではちと惜しいので藤原の湯の小屋温泉にある廃校の宿、葉留日野山荘に泊まることになった。このあたりは首都圏の水がめ奈良俣ダムがあり、周囲は山々が連なり数多くの沢がならまた湖や洞元湖、藤原湖へと筋を作っている。それにしても利根川の源流域にあたるこんな奥地にとても立派な木造の学び舎があったものだと感心する。
Minakami Jul 2010
Minakami Jul 2010
日本秘湯を守る会の宿で温泉は離れにある。源泉は熱めだったが主人に水でうめてもかまわないと言われた。湯量がとても豊富で遠慮なくぬるめに温泉に入った。とてもさっぱりしたいいお湯だった。
Minakami Jul 2010
Minakami Jul 2010
県道63号線、奥利根ゆけむり街道はこの周辺では木の根沢という渓流に沿って走っている。車からだと流れの様子は木立などに遮られたり、谷になっていたりして良くは見えない。
Minakami Jul 2010
Minakami Jul 2010
しかし車を路肩に留めて底を覗き込んでみると見事な清流が現れる。涼やかな気分になってフライロッドを振るが、生憎イワナたちは留守のようだった。
| Toru Tachizawa | 11:58 | - | - | pookmark |
出羽三山神社〜湯野浜〜鶴岡桜まつり
Dewasanzanjinja Apr 2010

Dewasanzanjinja Apr 2010
鶴岡街道を折れ最上川へ注ぎ込む立谷沢川に沿って進む。霊峰月山が白銀の頂を覗かせた。その雄姿に1/3ほど近づいたところで羽黒山へと進路を変え、出羽三山神社に参詣した。
余談だが立谷沢川って面白い。立川、谷沢、立沢、谷川という四つの名前が入っている!

Dewasanzanjinj Apr 2010
Tsuruoka Apr 2010
羽黒山を下り鶴岡市内に入るとそこここで桜が満開になっていた。700本以上の桜で有名な市内中心部の鶴岡公園では鶴岡桜まつりが開催されていた。下山してきた私達にはひときわ華やかに感じられたし、まるで歓迎されているような気分にさえなった。ただもう少し足を伸ばして湯野浜海岸から出羽富士名峰鳥海山を見に行く。日没時大気は少しばかり鮮明さを失ってしまったが、それでも出羽富士は優美で広大な裾野を良く見せてくれていた。
Tsuruoka Apr 2010
Tsuruoka Apr 2010
湯野浜で温泉に入った後、鶴岡公園に戻って夜桜見物と原色の夜店を物色。屋台と違い小屋になった大型の夜店もあり北国の雰囲気が楽しい。湯冷めをしないようにダウンを着込む。
Tsuruoka Apr 2010
Tsuruoka Apr 2010
満月に夜桜。みちのくの小旅行は西行もうらやむほどの桜尽くしとなった。more photos

| Toru Tachizawa | 19:17 | - | - | pookmark |
肘折温泉〜最上川 水の場所
Hijiori Apr 2010
Hijiori Apr 2010
開湯1200年の歴史を持つ肘折温泉。でも銅山川沿いに22軒の温泉宿が軒を連ねるこじんまりとした山間の温泉郷。共同浴場もいくつかあって写真の上の湯と渋い感じの疝気湯に入る。
Hijiori Apr 2010
Hijiori Apr 2010
日本秘湯を守る会の宿、元河原湯は館内に栃の井という名水が湧き、そのせいもあってか、囲炉裏で食べる食事がとても美味しかった。日本料理の肝心は一番に水。大切にしたい。
Mogami Apr 2010
Mogami Apr 2010
肘折を後にして最上川沿いの鶴岡街道を行く。最上川をゆったりと下って行くような感覚のドライブだった。『五月雨や大河を前に家二軒』のような自然の猛威の時は忘れられた。
| Toru Tachizawa | 19:08 | - | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

 

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Mobile

qrcode